幼児教育は本当に必要なのか

どんな教育が望まれる時代になったのか

幼児教育は本当に必要なのか 世界との距離がぐんと縮まった、いわゆるグローバル社会に暮らす若い世代にとっては、もしかすると学生を終えたあとの自分の将来に、海外の国と関わるという機会があるかもしれません。むしろその可能性は、50年前に比べて飛躍的に伸びたと言っていいでしょう。海外に行くことはなくても、海外と取引をしている会社であれば、絶対に英語を使う必要性があります。そのため、最近では社内の公用語を英語にするところも多くなっています。

こうした現代の社会情勢を考えると、学生のうちからせめて外国語のうち、英語だけでも困らないレベルに達しておかないと、一流と呼ばれる企業には就職できないことになります。一流でなくとも、中小企業でも海外への進出に活路を見出していますので、そこで英語が使えるとなれば、一気に会社からの必要性は高まります。社会に出た時に必要とされる人材になるためには、とにもかくにも英語はできるという状態になれる教育を施すことが、日本の教育の喫緊の課題と言えるでしょう。

Copyright (C)2018幼児教育は本当に必要なのか.All rights reserved.