幼児教育は本当に必要なのか

勝つためだけでなく礼儀を重んじる教育の剣道

幼児教育は本当に必要なのか 小さい頃に剣道を習っていたというお子さんもいます。情操教育に良いとして、親が小さいころから習わす事があります。剣道の理念は、情操教育だけでなく、人間形成でもあります。人としての道を作ることで、礼を重んじる人を作り上げていく事、そして人としての道を正しく歩むことにあります。

剣道をすることで、忍耐力や負けず嫌いなところや人をおもいやることなど様々な面で教わっていきます。指導する側も、子どもをそのようにして育てているのですが、中には勝ち負けにこだわり過ぎる子もいます。教育をする上で、負けず嫌いはとても良い事ですが、勝ち負けにこだわり過ぎてずるいことをするのは人としてどうでしょう。

その面も正していくことが、教えの場でもあり剣道もその子試合状況を見て今後の指導の判断をしていきます。どんなにわからないようにずるしても、教える側の方が一歩上であり、経歴には勝てないからです。だからこそ、剣道の教えは良き面を出していきます。

Copyright (C)2018幼児教育は本当に必要なのか.All rights reserved.